ザ・が~まるちょばカンパニー | THE GAMARJOBAT COMPANY

が〜まるちょば サイレントコメディー JAPAN TOUR 2016

Twitter

ザ・が~まるちょばカンパニーとは

サイレントコメディー・デュオ「が~まるちょば」は、「ザ・が~まるちょばカンパニー」を設立いたします。
「ザ・が~まるちょばカンパニー」とは、マイムをベースにしたコメディー作品を創作、上演、上映するプロフェッショナル役者集団です。
 
が~まるちょばは、が~まるちょば二人によるサイレントコメディーを開発、上演して参りました。
現在は毎年恒例となった日本全国ツアーや、海外からの招待公演など、年間通してどこかで公演を行っている状況です。
また、2010年からは、が~まるちょばプロジェクトを設立して大人数での作品創りにチャレンジしてきました。
そこには、様々な可能性が潜んでいました。
が~まるちょば二人きりで演じる舞台の良さに負けない、複数の役者が出演する事によって初めて可能になるストーリーや演出。
そこで感じた可能性は、いつしか確信に変わりました。
世界にまだ見ない、サイレントコメディーのカンパニーによる世界ツアーすらできると。
 
2014年秋、いよいよ次のステップに進みます。
が~まるちょばプロジェクトにおいて、マイムとは何か、サイレントコメディーとは何かをしっかり学んだ、力のある役者を厳選し、
プロフェッショナル役者集団を結成します。
設立メンバーは、が~まるちょばのHIRO-PON、ケッチ!、GABEZのMASA、hitoshi、プロジェクトメンバーだった角谷将視、濱口啓介の6名。
しかし、そこには、が〜まるちょばの、GABEZのではなく、ひとりの役者としてのHIRO-PON、ケッチ!が在籍します。
MASA、hitoshiも同様です。
それこそが、「ザ・が〜まるちょばカンパニー」の意義であり、決意です。
 
2015年4月3日の神奈川芸術劇場を皮切りに、7月東京・天王洲 銀河劇場まで行われる
『ザ・が〜まるちょばカンパニー 1st JAPAN TOUR』旗揚げ全国ツアーで、その魅力をお披露目いたします。

ザ・が~まるちょばカンパニー プロデューサー 熊手和宏

MESSAGE

ボクたちは6人で、言葉を超えて世界に飛び出すのである。

そもそも、ひとりで出来るからと始めたパントマイム。
ふたりでやろうなんて思ってもいなかった。
でも、始めてみたら思っていた以上に表現の幅が広がっていった。
そしてそれ以上に広がったのは、パントマイムへの想いと可能性。
 
ザ・が〜まるちょばカンパニーは6人。
ふたりよりも6人、とは思っていない。
でも、野球は9人、サッカーは11人いないと出来ないのである。
パントマイムにだって6人でないと出来ない事があるのである。
それが今までに観た事の無いような舞台になるのは、想像するに容易い。
それはピッチャーが豪速球で三振を奪うというよりは
コースを上手く突いて打たれた打球を併殺打にするような . . .
それはペナルティーキックで一点を奪うというよりは
上手く回したボールをサイドから上げてゴールするような . . .
そんな素晴らしいチームプレーが成し得る舞台は、6人だから出来るのである。
そう . . .
ビートルズが4人で「All You Need Is Love」を世界に届けた様に . . .
ゴレンジャーが5人で、悪から世界を救った様に . . .
ボクたちは6人で、言葉を越えて世界に飛び出すのである。

HIRO-PON

COMPANY MEMBER

HIRO-PON

MASA

hitoshi

角谷将視

公式サイト

濱口啓介

BLOG